No.46既存骨重視のインプラント治療

既存骨重視のインプラント治療
今回は大きく歯の根が歯肉からとびだした例を説明します。
写真1の矢印部分は上顎第一小臼歯の歯根が大きく歯肉から露出している写真です。

既存骨1

写真1

CTを撮影してみると、頬側の歯根も口蓋側の歯根も骨から出ていることがわかります(写真2)。

既存骨CT

写真2


抜歯後、口蓋側の骨にワンピースのHAコーティングインプラントを埋入しました。
既存骨重視のインプラント治療で骨移植は行いませんでした。
現在7年経過しています。

既存骨3

写真3


写真3のように、頬側の露出もなく審美的にもよい仕上がりです。

CTをみると、頬側に骨が再生していることがわかります(写真4

既存骨CT写真4

写真4

 
(2018年3月15日)

関連記事

  1. No.5450年後の介護を考えたインプラント治療を議論しませんか…
  2. No.40細くて短いインプラント
  3. No.85抜歯とインプラントは同じ医院で―最適なインプラント埋入…
  4. No.82歯間ブラシの勧め―歯ブラシでは隣接面の虫歯は防げないー…
  5. No.53高濃度フッ素処方―フッ素は歯を強くする
  6. インプラント治療概論 No.10時代はショートインプラントなのだろうか?
  7. インプラント治療概論 No.17ワンピースと2ピースどちらがいいの?
  8. No.52骨移植が必要と言われたのですが

休診日

PAGE TOP