No.46既存骨重視のインプラント治療

既存骨重視のインプラント治療
今回は大きく歯の根が歯肉からとびだした例を説明します。
写真1の矢印部分は上顎第一小臼歯の歯根が大きく歯肉から露出している写真です。

既存骨1

写真1

CTを撮影してみると、頬側の歯根も口蓋側の歯根も骨から出ていることがわかります(写真2)。

既存骨CT

写真2


抜歯後、口蓋側の骨にワンピースのHAコーティングインプラントを埋入しました。
既存骨重視のインプラント治療で骨移植は行いませんでした。
現在7年経過しています。

既存骨3

写真3


写真3のように、頬側の露出もなく審美的にもよい仕上がりです。

CTをみると、頬側に骨が再生していることがわかります(写真4

既存骨CT写真4

写真4

 
(2018年3月15日)

関連記事

  1. インプラント治療概論 腫れや痛みの少ないインプラントとは?
  2. インプラント治療概論 No.35当院で行われている根管治療について
  3. No.41ドクターX大門未知子の覚醒下手術による脳腫瘍切除術に大…
  4. No.16第5回口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会に参加し…
  5. No.64インプラントは歯ぎしりに弱い
  6. No.44インプラント治療の考え方の変遷
  7. インプラント治療概論 No.17ワンピースと2ピースどちらがいいの?
  8. No.15抜歯と同時に入れるインプラント(抜歯即時インプラント)…

休診日

PAGE TOP