No.23前歯部こそワンピースインプラント

先日、他歯科医院でお勤めになっている歯科衛生士のかたが、インプラント治療を目的に来院されました。
当医院での治療例などを見せながら、説明いたしました。
その衛生士さんが当医院でおこなっている前歯部のインプラント症例を見て驚きました。

その方は、今まで前歯が長くなったり、骨が吸収したりしている前歯のインプラントを数多く見ているというのです。

また、いろんなホームページでワンピースインプラントは前歯に向かないと書いてあることも知っていました。
岸本歯科医院は前歯部こそワンピースインプラントが第一選択であると考えています。

Hermannらはワンピースインプラントは2ピースインプラントに比べて歯肉が退縮しにくく、審美的であると述べています。
わたしも同じ考えです。

(2015年7月22日)

Joachim S Hermann, David L Cochran, Daniel Buser , Robert K Schenk, John D Schoolfield : Biologic width around one-and two-piece titanium implants. Clin Oral Implants Res, 12: 559-571,2001.

関連記事

  1. No.89インプラント周囲軟組織封鎖性にも優れているAQBインプ…
  2. No.5インプラント治療は本当に大丈夫なのだろうか?
  3. No.77隣接面虫歯の積極的治療介入は有益か?
  4. No.40細くて短いインプラント
  5. No.59インプラントの長所と短所
  6. No.86神経は大切なもの、でも取らなければいけない場合もある
  7. インプラント治療概論 No.35当院で行われている根管治療について
  8. No.51インプラントは本当に大丈夫なのでしょうか?

休診日

PAGE TOP