No.19HAコーティングインプラントはいいの?悪いの?

(厚くコーティングされたHAインプラントについてです)
いろんなホームページを読んでいると、HAコーティングインプラントに批判的な意見と、肯定的な意見があります。
いったいどちらが正しいのでしょうか?

HAインプラントがチタンインプラントより早期に骨と結合する事実に反対の研究者はいません。

しかし、コーティングされたHA(ハイドロキシアパタイト)がインプラントからはがれることがあることと、HAの表面がデコボコしていて細菌が付着しやすいなどのことから、初期に発売されたHAコーティングインプラントは散々な結果でした。

インプラント周囲炎が起こり脱落がおこったのです。


現在のHAインプラントは改良されており、そのような不具合はおこりにくくなってきました。

そのHAインプラントの負の歴史がいまでも強調されていて、HAインプラント否定派はHAインプラントの存在そのものまで認めようとしません。
改良されたといっても、HAインプラントの欠点が完全に解決されたわけではありませんので、おそらくインプラント周囲炎で脱落する割合はHAインプラントのほうが、チタンインプラントよりも少しだけ高いと思います。
一方でHAインプラントは条件が悪い部位にインプラント治療を行う場合、チタンインプラントとはくらべものにならない程、よく骨と結合します。
すなわち、チタンインプラントでは最初からインプラント治療をあきらめるような場合でも、HAインプラントでは成功することがあります。

岸本歯科医院では、条件が悪い部位、具体的に言いますと上顎奥歯でのソケットリフト法にはHAインプラントは最適なインプラントだと考えています。
(2014年11月20日)

関連記事

  1. No.63上顎洞挙上術ソケットリフト法の治療期間
  2. No.5インプラント治療は本当に大丈夫なのだろうか?
  3. No.5450年後の介護を考えたインプラント治療を議論しませんか…
  4. インプラント治療概論 インプラント治療Q&A院長の考え・参考文献No.1院長は只今ハイ…
  5. インプラント治療概論 No.2本当に骨移植をしないでもソケットリフトはできるのだろうか…
  6. インプラント治療Q&A院長の考え・参考文献No.3骨粗鬆症治療薬…
  7. No.12腫れや痛みの少ないインプラントとは?
  8. No.38下顎奥歯の骨が足りない場合―垂直的骨幅が小さい場合―

休診日

PAGE TOP