No.51インプラントは本当に大丈夫なのでしょうか?

インプラント治療をお考えの方ならば最初は誰でも不安に思うことだと思います。

私がまだ学生だった1980年前半、日本の歯科大学の中で初めて私の出身大学でブローネマルクインプラントが行われました。
その頃、ある有力教授が私たち学生に講義で、「インプラントは排除する。そのためには研究者としてインプラントの研究をする。」と言っていました。
後にその教授は学長になりました。
さらに日本のある有名インプラントメーカーの講演会で冒頭の挨拶をするようになりました。
研究者として、研究結果で自分の主張を変更することができるのが大教授たる所以だと思います。

先日、日本インプラント学会で大学院時代の上司に久しぶりにお会いしました。
その先生は教授になられ、すでに大学は退職されているのですが、いろんなインプラント研究会で現在もご活躍の先生です。
この先生も学会で私に面白いことをおっしゃいました。

「自分はインプラント反対派です。しかし、インプラントの悪い点を探しているけど見つからない。」

何だか不思議な意見だけど、結局インプラントを薦めていることだと思いました。

関連記事

  1. インプラント治療概論 No.4ソケットリフト法で上顎洞粘膜が破れたらどうなるのだろうか…
  2. インプラント治療概論 No.66医療ツーリズムと歯科インプラント
  3. インプラント治療概論 No.24歯科インプラントと上顎洞炎の関係およびCTの重要性
  4. No.73歯肉には2種類ある。動く歯肉と動かない歯肉―インプラン…
  5. インプラント治療概論 No.25歯科からみた自然孔
  6. No.50なぜ低価格でインプラント治療を行うのですか?
  7. インプラント治療概論 No.32完璧な虫歯除去が最善な治療だろうか
  8. No.64インプラントは歯ぎしりに弱い

休診日

PAGE TOP